FC2ブログ
  1. ソーシャル

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://uclcpublications.blog91.fc2.com/tb.php/371-a08a83e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

徒然雑記(2月2日)


 珍しく、真っ昼間からワイドショーなどと言う物を見る機会がありましたので、思ったことを少し。



 えーと、今世間を騒がせているのは『朝青龍』、『小沢一郎』の二点(他に『貴乃花親方』と言うのがあるみたいですが、これは又別に何か書いてみたいと思います)らしいですね。
 ワイドショーでもその事ばかり報道していましたが、結局の所、この両者は根っこが同じ部分に存在するのではないのでしょうか。


 つまり『持ち上げるだけ持ち上げて、都合が悪くなれば叩く』と言うことです。


 民主党幹事長に付いては以前書きましたが『あの程度の悪事は働いていて当然、でも政権維持の為には支持する』、と言う立場だからこそ、あの人物を党の要職に就けることを批判しないのだと思っていた訳です。でも『正義』を振りかざす人々にすれば、違っていたわけですよねぇ(笑)


 朝青龍にしても同じ事。今更『品格』がどうの、『横綱の権威』がこうの言うのであれば、そもそも日本の習慣とは違う世界で暮らしていた外国人を大相撲に参加させなければよかったのです。
 習慣の違う外国からやってくる以上、摩擦が起こるのは当然のこと。ましてや横綱が『英雄』とほぼ同義語の地位を占めている国から来たのであれば、史上初の快挙を成し遂げた人物が増長慢になるのはむしろ当然の事です。それを見て『朝青龍には礼が足りない』と言うのは、発言した側の無知と無能を示しているとしか、私には思えません。

 過去から現在に至る彼に対する誹謗中傷の殆ど全ては『何故日本の常識で行動しない』と言う点に集約されていると言えるでしょう。現在の暴行云々にしても、結局は『日本人ではない』と言うことが決定的に影響しています。言ってはなんですが仮にこれが日本人横綱であれば、問題発覚以前に全力でもみ消していた筈です。実際、嘗ての横綱である北の海や千代の富士、新しくは貴乃花の『暴行事件』の噂話は、現役時には幾らでも流れていました。それと同様の事件を起こしたからと言って、今更鬼の頸を取った様に詰ると言うのは、どうかと思うわけです。
 私などは『横綱とはその様なものだ』と思っているので、この問題については『なに言ってるんだ』と言う程度にしか思わないのですが、どうやら得意げになって『正義』を振りかざす人々には、違う考えがあるようでして(笑)
 

 
 嘗て、『宇宙人』たる現総理が常識の有り様を疑う言動を続けていた際に『鳩山内閣には幻滅したが、民主党は支持する』、『首相は駄目だが、幹事長はイイ』と言う感じで昔の自民党の『総理・総裁分理論』的な主張をする人々がいました。
 その様な人物の大半は現政権発足時に無制限の賞賛の言葉を送っていた人でしたが、首相の資質に疑問符が持たれると前述のように『総理は駄目、でも幹事長はしっかりしているから私の意見に間違いはない』と、途端に自己の発言の軌道修正を図っています。
 今回も多分『幹事長には幻滅した。しかし自民党時代よりはマシ』と言う具合に、軌道修正に余念が無い事でしょう。でも、結局言っているのは『私は間違っていない』と言うことでしかありません。



 しかしながら、その様な『自己保身』を口にする前に、もっと堂々と『賄賂をとって何が悪い。自民党から権力を奪い取り、今までと違った政治をするためには金が、それも莫大なカネが必要なのだ。長年に亘り政権交代を望んでいた小沢氏が、汚い裏金を大量に握り、政治資金に当てていたのは当然ではないか!!』と擁護してみては如何でしょうか。
 自己の意見の正しさを信じているのならば、その様な擁護論を口にしてもいいと思うのですが、ね(笑)


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://uclcpublications.blog91.fc2.com/tb.php/371-a08a83e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

月別カレンダー

プロフィール

F・M・バーチ

Author:F・M・バーチ
当社のブログへようこそ!
と言っても、書く事は殆どその場の思い付きに過ぎませんが、ね(笑)

それと、サークルのことに付いては『サークル自己紹介』の欄を参照してください。下のカゴテリーにありますから。

カテゴリークラウド

最近の記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。